家の壁紙掃除で気をつけることを教えて下さい。知っておきたい壁紙の材質別・原因別の掃除方法。

壁紙は面積が大きいため、薄汚れていると部屋の印象がダウンします。壁紙についているホコリはこまめに払い落としましょう。ホコリが部屋の水分を吸い取ると、壁紙の内部に浸透して頑固な汚れになってしまいます。また、ホコリをエサにしてカビが生えるおそれがあります。

「壁紙の材質別の注意点」
壁紙は材質によって掃除方法が異なるので注意して下さい。

・塩化ビニール樹脂…表面に塩化ビニール樹脂が張ってあるので、掃除がしやすい壁紙です。水拭きや中性洗剤はできますが、使ったあとは乾拭きをして水分を残さないようにして下さい。通気性が悪いので、水分が残っているとカビの原因に。アルコールやベンジンを使うと、変色するのでやめましょう。

・オレフィン樹脂…食品のラップに使われるような安全性の高いオレフィン樹脂が張ってあります。焼却処分するとき有毒ガスを出さない環境に配慮した壁紙です。年代により性質が異なるため、水拭きや中性洗剤を使うときは、目立たない部分で試してから使いましょう。

・ジュラク調…砂壁のような風合いを持った壁紙で、無機質材料を吹きつけて作られています。水拭きや中性洗剤は使えず、こすってしまうと表面がポロポロと落ちることも。柔らかいブラシを使って優しくホコリを払い落とします。

・漆喰…吸湿・放湿効果に優れているほか、強いアルカリ性を持っているためカビが生えにくいことが特徴。多少の汚れであれば消しゴムでこすり落とすか、紙やすりやカッターを使って削り落とします。

・汚れ防止加工…塩化ビニール樹脂などに、汚れや傷、油などに強いフィルムを貼りつけたものです。水拭きや中性洗剤はもちろん、アルコールやベンジンでも使えます。

「原因別の掃除方法」
事前に目立たない部位で試してから掃除して下さい。壁紙の材質によっては、汚れが広がったりシミになったり、はがれてしまうことがあるからです。

・手垢や鉛筆…柔らかい消しゴムで優しくこすって下さい。落ちなければ、薄めた中性洗剤をつけたスポンジや布を使います。洗剤成分が残らないように水拭きをしたあとは乾拭きをします。

・水性ペンやクレヨン…薄めた中性洗剤をつけたスポンジや布を使って、押さえるように落とします。落ちなければ中性洗剤を薄めずにつけた布で拭いたあと、サランラップで覆って数分放置。洗剤成分が残りやすいので、十分に水拭きをしたあと乾拭きをします。

・油性ペン…汚れ防止加工をしてある壁紙だけは、マニキュアの除光液をつけた布で拭くことができます。汚れ防止加工をしていない壁紙だと汚れが広がってしまうので禁物です。